1. >
  2. >
  3. スマホ利用の弊害「スマホ老眼」!治療方法について

スマホ利用の弊害「スマホ老眼」!治療方法について

老眼

IT機器の進歩とともに訪れる肉体の変化

IT機器の進歩は、拡大に一途にあるといえるでしょう。
スマートフォンも、当たり前のように利用されるようになりました。
しかし、この進歩が体に様々な影響を与えてきていることも知らなければいけません。

スマートフォンということでは、首に起きるストレートネックの問題や腱鞘炎などはよく知られたところでしょう。
さらに、スマホ老眼と呼ばれる目に起きる症状もあるのです。

20代で急増している眼の問題で、無視することができなくなってきています。
下記のようなサイトで確かめることもできますので、調べてみるといいでしょう。
参考:スマホ老眼の症状と予防法

社会問題化する可能性も

老眼といえば、本来加齢とともに訪れる症状です。
定義された年齢はありませんが、だれでも起きる可能性があります。
それが、若年の間に起きてしまうということは、非常に問題があるといえるでしょう。

ある調べによると、2012年から2013年にかけて、なんと老眼の症状を訴える若者が0.5%から6.7%にまで増えたという結果も出ています。
あまりに増大のスピードが速いことがわかるでしょう。
さらには、子供に起きてしまう問題も危惧されています。

大きな差がない症状

スマホ老眼と一般的な老眼に、大きな差はありません。
ですが、年齢自体が大きな問題で、進行が早く重症化しやすくなります。
若い時点からなってしまえば、その後の人生にも大きな影響を与えることになる点も見逃せません。

症状も一般的な老眼と同じです。
近くが見えず遠くが見え、焦点が合いにくくなります。
近くのものが見えないため、少し遠ざけてみるようになるでしょう。
パソコンのディスプレイの文字なども読みにくくなり疲れが出やすいだけではなく、ゆがんでみえるようになったら、かなり症状が出てきています。

方法はぼーっとみるだけ

こうした症状を放置すると、確実に進行してしまう怖さがありますが、100円均一で売られている老眼鏡を使うと、1日5分で改善される可能性があるのです。
個人差はありますが、改善できるのであれば、チャレンジしてみる価値は十分にあるといえるでしょう。

老眼のポイントは、ピントが合わせられなくなることにあります。
その力をつかさどる筋肉の衰えが原因ですが、スマホ老眼の場合には加齢によって衰えているのではなく、筋肉がうまく働いていないだけなのです。
これを改善するために、目の筋肉をストレッチしてあげるところがポイントになっているといえるでしょう。

必要なのは、+2度の老眼鏡だけです。
眼鏡を使っている人はそのうえから掛けて、5分間1m以上離れた景色やポスターをぼーっと眺めるだけで終わりになります。
ぼんやり見えにくいはずですが、わざと焦点を合わない状態を作り、筋肉をリラックスさせるのです。
これにより、ピントをリセットすることができるようになります。

無理をすると危険ですが、寝る前に5分間だけやると、かなり改善していくことを実感できるようになるでしょう。
近視にも効果があるとされていますので、試してみる価値は十分にあるのです。