1. >
  2. >
  3. これって犯罪?チートをする若者が増えているワケ

これって犯罪?チートをする若者が増えているワケ

スマホ・ゲーム

データを改ざんさせてしまうチートと呼ばれる行為

ゲームは、さまざまな苦労をしたりします。
その中で、達成感を求めたりするのが楽しみでしょう。
ですが、その苦労が大変で、本編を楽しむことができないという理由でデータを改ざんしてしまう方法があります。
一般的にチートと呼ばれる方法で、使う人のことをチーターと呼んでいるのです。

制作者が意図しているものではない状況を作り出すのがチートといえます。
不正行為というとらえ方もできますが、自分で所有しているものであれば、ある程度の範囲は許されるでしょう。
実際にMODと呼ばれるツールで楽しむ方法も提供されることがあるからです。

しかし、アプリの大半がオンラインであるように、他の人に影響を与えたり、制作サイドに被害を与えるようなチートは、決して許されるものではありません。
法律に違反している可能性もあり、被害によっては摘発対象になるということも忘れてはいけない行為なのです。

チートは犯罪である

スマートフォンのゲームなどでチートが蔓延する背景の一つとして、アプリの課金システムがあります。
基本無料といってはいるものの、時間を短縮したり、効率的にするためには、課金が必要になってくるように仕向けられて作られています。
それが利益にもなってくるわけですが、これを嫌ってチートをする人が増えたのです。

当然のことながら、楽して様々なものを手に入れることができるでしょう。
ですが、ここで考えなければいけないのが、配信元の利益を損ない、ほかのプレイヤーが本来支払った課金の価値を下げているということに問題があるのです。

よくチートは犯罪として摘発されないといった間違った認識があります。
利益を損ねさせているのですから、れっきとした営業妨害ですし、著作権違反でもあるでしょう。
法整備が進んでいないから、摘発されないということはありません。
特に違法なプログラムを使ったり、セキュリティホールをついた方法は、過去に裁判事例もあります。

チートに近いリアルマネートレード

さらに、こうした方法により得られた成果を、現実の通貨で販売するような方法もあるのです。
リアルマネートレードと呼ばれる方法で、運営側に驚くほどのダメージを与える行為といっていいでしょう。
逆にこうした機能を利用したゲームもあったりはしますが、ほとんどの場合、排除されるべき行為となっているのです。

サイバー犯罪に結びつきやすく、反社会的な組織との結びつきも指摘されています。
国によっては明確に犯罪と定義している場合もあるのです。

ゲームは楽しむものであり、その楽しみ方は人それぞれ多様性があってしかるべきものではあります。
しかし、他の人の利益を損ねてもいいというものではありませんので、安易な考えでチートなどに手を出さないようにしなければいけないのです。