1. >
  2. >
  3. 手帳型ケースの危険性…入れるカードの見直しを!

手帳型ケースの危険性…入れるカードの見直しを!

重ねる

スマートフォンの画面を守るためが

スマートフォンの普及により、さまざまな使い方ができるようになってきました。
ただし、どうしてもタッチパネル面にガラスを使ったりすることもあり、衝撃に弱い側面があるのです。
安全に守るために、手帳型ケースなども人気になってきました。

フラップがついているだけで、画面が露出することを防げます。
何らかの衝撃で割れてしまったりすることを予防することができるだけではなく、カード入れなども使うことで、便利なセットにすることができるのです。

たしかに、ひとまとめにすることで、今まで以上に便利に使えるようになったのは確かでしょう。
しかし、ひとつ間違うと、そのカードが使えなくなってしまうことも知らなければいけません。
大丈夫と思っていると、とんでもない損失になってしまうかもしれないのです。

磁器を発することに問題あり

まず、仕組みを知るところからスタートしなければいけないでしょう。
手帳型ケースは、非常に便利です。
その利便性の高さを支えているのが、フラップの部分にあります。

いろいろな種類がありますが、ぴたっとくっつくタイプが人気です。
このタイプの特徴は、マグネットを利用して閉じることができる点にあります。
これが大きな問題となるのです。

マグネットを使っているということは、それだけ磁器を発しています。
クレジットカードなどにも実は磁気ストライプが使われているところが問題なのです。
磁器は強いほうに影響されます。
クレジットカードの磁気ストライプはそこまで強いわけではなく、手帳型ケースの時期でくるってしまう可能性があるのです。

もしも、磁気ストライプの情報がくるってしまえば、再発行するしか手がありません。
手数料もかかりますし、大事な時に使えないのですから、絶対にセットにしないことが重要です。
ただし、何でも磁気ストライプが使われているというわけではありません。
非接触式ICカードと呼ばれているものは、時期の影響を受けないのです。
SUICAやPASMOは、このタイプですから、一緒にしておいても狂うことはありません。

でも、問題があるとすれば、電波で情報をやり取りしているため、磁器によって狂うこともあります。
できれば一緒にしないか、マグネット不使用の手帳型ケースにするといいでしょう。
干渉防止シートも売られていますので、間に挟むという方法もあります。

磁器が狂わすのは、これだけではありません。
パソコンにつないで使うUSBなども磁器に強くはないのです。

ストラップタイプになって便利に使えるものもあるでしょう。
SDカードなどもホルダーになっていたりすることもあります。
こうした大事なデータも、手帳型ケースでダメにしてしまう可能性がありますので、絶対に近づけないようにすることが重要です。