1. >
  2. >
  3. あのアプリも変更を余儀なくされてる…アプリの審査基準って?

あのアプリも変更を余儀なくされてる…アプリの審査基準って?

アプリ

突然アプリが消えてしまう可能性

今まで利用していたアプリが、ストアから消えてしまう。
にわかに信じられない現象でしょう。
iPhoneの場合、App Storeからなくなるというのは、いったいどうしたんだろうと思ってしまいます。
特に世間で人気のアプリが消えるという現象は、自分が使っていたりすると大丈夫なのかと考えてしまうはずです。

Androidの場合には、意外とこうしたことがおきます。
不思議ではないと思う人も多いでしょう。
しかし、iOSではめったに起きないことだと思い込んでいることも問題といえますが、この背景にあるのが、Appleの定めた規約に違反した行動だったりするのです。
だからといって、利用者が問題を起こしたわけではなく、配信側の問題ですので心配はいりません。

非常に厳しいAppleの裁定

Appleの場合、アプリの配信に厳しい規約を掛けています。
これによりセキュリティレベルを向上させているわけですが、今まで使えていたアプリがアップデートなどで規約違反を起こすことがあるのです。
有名なところでは、人気のゲームアプリのモンスターストライクの削除がありました。

こうした削除は、リジェクトと呼ばれます。
モンスターストライクの場合には、リジェクトされた理由がシリアルコードの利用にありました。
特典付与のために使われたシリアルコードの入力フォームは、リジェクトの対象です。

なぜかといえば、外部のアプリケーションなどと連携してしまうことで、セキュリティを維持することができず、違法課金などを招く恐れもあるでしょう。
小さなことかもしれませんが、これぐらいチェックされているのです。

サービスレベルの向上のため

リジェクトの理由は、実は多岐にわたります。
特にうるさいのは暴力的表現と性的表現です。
日本はかなり甘いといわれていますが、アメリカでは絶対に許されません。

性的表現は、表現の自由の範囲とされたりすることは、諸外国ではないと考えたほうがいいでしょう。
日本のかわいいイラストは、若年的イメージが伴うため、余計に許されることはなく、きびしくチェックされます。
今大丈夫だとしても、数日後にはリジェクトされていることも覚悟しなければいけません。

他にも汚い表現や偽物も許されない条件です。
類似性は著作権の問題もありますので、配信元に相当な情報提供を求めます。
承諾証明が提出できなければ、リジェクトされるのは当然です。
ただし、中には公式なものであっても、情報がないためにリジェクトされることもあります。

App Storeの監視は、どんどん厳しくなっていますが、これも使いやすいアプリを提供するために、配信側の責務の一つです。
Androidは、オープンである特徴を生かすがゆえに、玉石混交であり、ウイルスなどの問題も出てきてしまいました。
そうならないようにするためのサービスレベル向上策ですので、理解して使っていくことが必要であるといえるでしょう。